熟年離婚 長年連れ添った夫婦の離婚が増加 熟年夫婦

具体的に数字でみてみましょう。厚生労働省の人口動態統計2002年版によると、離婚件数は28万9838組で、前年の28万5911組より3927組増加し、離婚率(人口千対)は2.30、前年の2.27を上回り、離婚件数とともに明治32年以降最高となったとのこと。 離婚件数+3927組増加

結婚が42秒に1組なのに対して、1分49秒に1組が離婚していることになります。中でも結婚10年未満の離婚が対前年比で減っているのに比べて、15年以上から35年以上の世代で大変増えているのです。

たとえば25歳で結婚した場合、結婚期間が20年で45歳、35年で60歳…ということになりますから、熟年離婚が多いということなのです。また、離婚数の増加を見てみると…


27年間の増加率で約15倍!

また元気なときには家庭を省みず、中年になって妻を頼りにして「さてこれからはゆっくり旅行でも…。」と思った矢先、妻の気持ちはとうの昔に離れていた、という訳なのです。

熟年離婚チェックリスト

一緒に食事をしなくなった
親父臭いと子供達に言われる(おばさんだなぁと言われる)
必要最低限の言葉しか交わさない
寝室はかなり前から別だ
子供が一番可愛い
親や親戚づきあいが面倒になってきた
趣味はお互いにまったく違うことに興味がある
目を見て話をしない
旅行は夫婦で行きたいと思わない
「ありがとう」「ごめんなさい」「おいしかったよ」などと言わない。

Galu Agency

チェックが3つ以上あったあなた、お相手は真剣に離婚の準備をしているはずです。お互いに空気のような存在になってしまって、「今更…」と思うかもしれません。でも所詮人間は感情の生き物です。嬉しいときには笑い、悲しいときには泣き、生き生きと健康に暮らしたいと願っているはずです。一度きりの人生です。今一度ご自分を振り返り、反省してみましょふ。修正できるところは直し、それでも修復が難しい…と思われた時は、ガルエージェンシーにご相談ください。きっと何か糸口が見つかるはずです。
ご相談・お見積りは全て無料です。メールでのお問い合わせはこちら


copyright (c) GaluAgency All Rights Reserved.